B i o g r a p h y

川口聖加 (ソプラノ)

山梨県甲府市出身。新潟大学教育学部、同大学院教育学研究科にて声楽を専攻した後、渡欧。オランダ王立音楽院のソロ声楽科で学び、国家演奏家資格を取得し卒業。

​これまでに平井由利子、鈴木博雅、箕輪久夫、村上雅英、テア・ファンデアプテン、バーバラ・ピアソン、レニー・ファンデンヘーフェル、小山由美の各氏に師事。またエリー・アーメリング、マイケル・チャンス、アレクサンダー・オリヴァー、アニエス・メロン、エディット・マティス各氏のレッスンを受ける。またオランダBARR Theater Groepのラニエルト・リッケルマン氏のもとで芝居の基礎を学ぶ。

フランス・ドイツ歌曲を中心に、バロック声楽曲、宗教曲、現代曲まで幅広いレパートリーを持ち、国内外で演奏活動を行っている。オラトリオのソリストとしてはJ.S.バッハ<
ヨハネ受難曲>(2013年の国民文化祭・山梨初演 他)、J.S.バッハ<マタイ受難曲>(2016年山梨初演)、ハイドン<四季>(2004年合唱団にいがた結成10周年記念コンサート 他)、フォーレ<レクイエム>などに出演。オペラでは、これまでに<ドン・ジョヴァンニ>のドンナ・アンナ(1998年りゅーとぴあ新潟市民芸術会館開館記念オペラ 他)、<魔笛>のパミーナ、<ディドとエネアス>のディド、<ヘンゼルとグレーテル>のグレーテル(2007年山梨県民オペラ 他)などを演じている。

NHK-FM、その他各局のテレビ番組に出演。CD「リラの花咲くころ」「タケミツ・ソングス」をリリース。 2015年に
日本の歌を紹介するヨーロッパツアー(オランダ、スペイン、フランス、イギリスの4か国、全7公演)を行い、以後定期的にオランダ、チェコ等で演奏会に出演している。

ナーブル音楽企画主宰。日本ドイツリート協会、ドイツリート研究会「ノイエ・クレンゲ」会員。ミュージックシアターグループtuttiY(トゥッティ)代表。

Soprano Seika Kawaguchi was born in Yamanashi, Japan. She first studied music pedagogy and has earned both her bachelor's and master's degrees from the Niigata University in Japan. She studied voice with Hisao Minowa in this university and with Masae Murakami in Tokyo. Seika Kawaguchi has been studing in Holland and completed her studies at the Royal Conservatory in the Hague with Thea van der Putten, Lenie van den Heuvel and Barbara Pearson where she received her performance degree in 2006. She performed Donna Anna of the opera 'Don Giovanni’at the opening festival of Niigata Ryutopia in Japan(1999), Criada of the opera 'Bodas de Sangre' on the NHK-FM radio and the roles in many operas. She likes to sing Art songs in French and German. She participated in Masterclasses with Elly Ameling, Michael Chance, Meinard Kraak and Alexander Oliver. Seika Kawaguchi has been studing theatrical performance with Ragnhild Rikkelman from the BARR Theater Groep between 2003-2006. Until now she had concerts in Holland, France, Spain and in various regions in Japan and appeared on TV and radio. She has released a CD “Le temps des lilas” in 2010, in this CD, she sung French and Japanese songs accompanied by Marien van Nieukerken. In 2014, she has released  a new CD "Takemitsu Songs" in which she sung 22 Toru Takemitsu's songs arranged and accompanied by Masakazu Yamamoto. Seika Kawaguchi had a concert tour to introduce Japanese songs in 4 countries(Holland, Spain, France and England) in March, and sung Japanese art songs at 3 concerts in Czeck Republic in May, 2015.
 

Copyright © 2006 seikakawachi.net All Rights Reserved.

  • w-facebook
  • w-tbird
  • w-youtube